トップIDマガジンバックナンバー > 第14号

idマガジンロゴ

IDマガジン第14号 (2008/3/12発行)


[014-04]【再連載】ヒゲ講師のID活動日誌(13) ~岩手から熊本へ、日本酒から焼酎へ?~

皆さまお久しぶりです。長い長い休眠期間を経ましたが、ようやくIDマガジン復刊の運びとなりました。またご愛顧ください。

ヒゲ講師こと鈴木は今、スペインのバルセロナに来ています。年3回開催されるibstpiの理事会とワークショップに参加するため、フロリダ州立大学時代の恩師リーサー教授と少し早めにこの地を訪れています。ibstpi*はInternational Board for Standard in Training, Performance and Instructionの略で、4つのコンピテンシー(職務遂行能力)標準を中心に活動している国際団体。ヒゲ講師は昨年(2007年)1月から理事に就任し、現在、インストラクショナルデザイナコンピテンシーの改訂作業と、オンライン学習者のコンピテンシーの可能性を探るという少し変わったプロジェクトに参画しています。現在ibstpiが公表しているのは、インストラクショナルデザイナ、インストラクタ、評価者、教育研修マネージャーの4職種の専門家として何が必要か、という国際標準ですが、数年前から学習する側にも成功に結びつくコンピテンシーが設定できるのではないか、という仮説が取り上げられ、現在、その可能性を調査しているところです。バルセロナ理事会でも、このプロジェクトの進捗状況を報告し、コンピテンシー設定・公表に向かうのかどうかも含めて次にどうするかが話し合われる予定です。

さて、日本酒が最高においしい東北の地から焼酎なら任せておける熊本に移り住んでから早いものでもう2年。本当に熊本に住んでいるの? とか、仕事は東京でやっているんでしょ? とか、オンライン大学院なら熊本にいないでもいいんでしょ? とか、様々な憶測が絶えない今日この頃であります。少なくとも、熊本においでになったゲストや友人・親戚を案内することには慣れてきましたし、飛行機に頻繁に乗るため、JALとANA両方のクラブ会員にもなりました。一年目は岩手に残してきた学生のゼミ指導に月1回は顔を出していましたが、今ではそれもなくなり、それとともに徐々に仙台にある拙宅に顔を出すチャンスも思うように作れなくなりつつあります。こんな生活が長く続けられるわけはないと思いつつ、日本初の教授システム学専攻(Instructional Systems)修士課程の立ち上げ、30科目に及ぶ自転車操業のコンテンツ開発と非同期を中心としたオンライン教育の実施、さらには大学院GPへの応募(通りました!)と博士後期課程の立ち上げ(できました!)など目まぐるしい毎日に追われ、あっという間の2年間でありました。

このたび、この2年間放置してきたWebサイトを新装開店するのを期に、IDマガジンも復刊しよう、という運びとなりました。2年間の空白を徐々に埋めつつ、他方で、毎日のように起こる新しい出来事についても、また定期的にお伝えしていきたいと思っています(こう決意表明しないとまた休刊に追い込まれそうな忙殺ぶりなので、危険を覚悟で敢えてそう記しておきます)。Webサイトも荒野のように荒れ果てていますので、少しずつ鍬を入れて耕していきます。気長にお付き合いいただければ幸いです。

昨晩遅くチェックインしたここバルセロナのアパート型ホテルでは、現在インターネットへのアクセスができない状態で、この原稿も「とりあえず書くだけ」になっています。このメッセージが皆さまのお手許に届く頃にはインターネットへのアクセスも何とか解決され(そうでないと届かない!)、ネット環境さえあれば世界のどこにいても仕事ができるという世界に戻っていることでしょう(そうでないと仕事ができない!)。これからフロントデスクに行って、インターネットにつながらないんだけど(実はトイレの水も流れない・・・)、と助けを求めてきます。

*ibstpi
(International Board for Standard in Training, Performance and Instruction)
参考URI: http://www.ibstpi.org/

鈴木克明(2006)「(エッセイ2006)岩手から熊本へ? それとも土地なき電子空間へ?」『視聴覚教育』平成18年7月号、10-11.
http://www.gsis.kumamoto-u.ac.jp/ksuzuki/resume/articles/2006a.html

鈴木克明(2007)「熊本大学大学院のeラーニング専門家育成」『大学と学生』
平成19年2月号(第38号)、7-14.
http://www.gsis.kumamoto-u.ac.jp/ksuzuki/resume/articles/2007a.html

(ヒゲ講師記す)


IDマガジン購読

現在 665 名の方がIDマガジンを購読中です。 定期購読ご希望の方はメールアドレスを登録してください。


登録後、確認メールが届かない場合「迷惑メール」となっている可能性があります。「id_magazineあっとml.gsis.kumamoto-u.ac.jp」と「idportalあっとml.gsis.kumamoto-u.ac.jp」を迷惑メールから除外して再度登録ください。←「あっと」は「@」に置換え。

おすすめ情報

教授システム学専攻の公開科目でIDの基礎を学習できます。おすすめ科目は以下です。
・基盤的教育論
・eラーニング概論