トップIDマガジンバックナンバー > 第23号

idマガジンロゴ

IDマガジン第23号 (2009/10/19発行)


[023-04]【報告】日本教育工学会第25回全国大会に参加して

2009年9月19日から21日までの3日間,東京大学で開催された日本教育工学会第25回全国大会に参加いたしました。筆者自身は昨年の24回全国大会には参加しなかったため、今年は2年ぶり、そして熊本大学教授システム学専攻の一員として初めての、全国大会参加となりました。
■9月18日(全国大会前日)
この日、教授システム学専攻メンバーが続々と東京入りしました。集合・宿泊場所はJR神保町近くの旅館。我々にとって旅館は単なる宿泊場所ではなく、部屋の壁にプロジェクターを投影し、また壁一面にポスターを貼り、発表のシミュレーションを行う、言わば前衛基地であり決起集会場所となります。
この日も深夜まで活発な議論・修正が繰り広げられました。

■9月19日(全国大会1日目)
学会初日、我々教授システムメンバーは旅館から東大まで歩きで移動しました。徒歩約40分、9月とはいえ暑くびっしょり汗をかきました。この日のセッションは、ポスターセッションを含む一般研究発表とシンポジウム、そしてワークショップでした。

シンポジウムB「ICTを利用した教育・学習システムの目標設定と評価法-研究の「モザイク」から「るつぼ」への発展を目指して-」では、様々な分野の研究者が集まる教育工学という分野で、ゴール設定と評価法についてパネリストから意見が出されました。

教授システム学専攻でも、教育系の先生・工学系の先生・様々なバックグラウンドを持つ学生さん・推進機構の人々と本当にたくさんの人が関わっていて、「モザイク」から「るつぼ」というキーワードは大きく共感いたしました。「なんとなく仲良く」ではなく、お互いを理解し意見を言える「クリティカルな関係」そんなチームが理想だと思いました。

一般発表では、筆者はポスターセッションにて発表をいたしました。教育工学会におけるポスターセッションでの発表は、筆者自身初めての経験で、発表者と聞く人の距離が近く、より率直な意見交換ができます。一般発表にある独特の緊張感はありませんでしたが、興味の無い方には素通りされてしまい、一般発表とは異なるプレゼンスキルが必要だと感じました。
この日の夜は、教授システム学専攻の教員・学生・OBOGが一堂に会する「熊大ナイト」が開催され、近況報告や,この日誕生日を迎えた学生さんのためにサプライズでケーキを用意するなど,非常に楽しい夜となりました。

■9月20日(大会2日目)
この日は一般研究とシンポジウムに加え,夜は懇親会が開催されました。懇親会では,お世話になった先生にご挨拶をしたり、知り合った方と名刺交換をしたり、院生時代に所属した関西大学のメンバーと話したりして楽しい会でした。

懇親会に続き、教育工学若者飲み会に参加しました。受付でとてもカラフルで怪しげなハッピを受け取りました。何に使うのかと思っていると、どうやら同じ色や色の組合せの人と集まったり話したりするためのコミュニケーションツールでした。どうしても仲の良い人とばかり集まりがちな飲み会で、交流を促進する仕掛けは非常にいいアイディアであるし、是非参考にしたいと思いました。

■9月21日(大会3日目)
最終日、午前は教授システム学専攻の博士課程の学生2人が参加するe-Learning(システム)のセッションに参加しました。毎晩行われていた旅館での発表練習の賜物か,お二人とも堂々とした発表で,質問時にフォローに入る先生とのチームワークも見事でした。

午後の課題研究は、かつて筆者が所属した、関西大学の授業支援の発表を聞くため「高等教育・FDにおける教育工学の役割」に参加しました。微力ながら立ち上げに関わったプロジェクトが年々進化していることに感慨深い思いでした。

■おわりに
熊大教授システム学専攻という大所帯で参加した始めての全国大会では,「学」と「会」に満ちた時間を過ごすことが出来ました。筆者自身のポスターセッションでは貴重なご意見をいただき,他の方の発表から得た「学」,発表やイベントを通じた新たな知人や,旧知の方との再会を喜び合う「会」。たくさん学び,たくさんの人と出会った,非常に「記憶に残る3日間」となりました。


IDマガジン購読

現在 678 名の方がIDマガジンを購読中です。 定期購読ご希望の方はメールアドレスを登録してください。


登録後、確認メールが届かない場合「迷惑メール」となっている可能性があります。「id_magazineあっとml.gsis.kumamoto-u.ac.jp」と「idportalあっとml.gsis.kumamoto-u.ac.jp」を迷惑メールから除外して再度登録ください。←「あっと」は「@」に置換え。

おすすめ情報

教授システム学専攻の公開科目でIDの基礎を学習できます。おすすめ科目は以下です。
・基盤的教育論
・eラーニング概論