トップIDマガジンバックナンバー > 第41号

idマガジンロゴ

IDマガジン第41号 (2012/2/2発行)


[041-03] 【報告】「第1回 まなばナイト」を終えて

まなばナイトの幹事をしております、熊本大学大学院 教授システム学専攻(以下GSIS) 3期生の市橋です。

平成23年12月22日(金)、銀座熊本館2階 くまもとサロン ASOBI Bar にて、
主催:TDMコンサルティング(株)、後援:GSIS同窓会の元、記念すべき「第1回 まなばナイト」を開催いたしました。

当日は大変多くの皆様にご参加いただき、お蔭様で、無事に、そして盛大に第1回のまなばナイトを終えることができました。これもひとえに、ご参加いただいた皆様のご協力、関係各位の皆様のご尽力の賜物と心より御礼申し上げます。

今回は、前半はGSISの入科相談会、後半は事例発表という形式で行いました。
入科相談会には9名の方、事例発表には23名の方にご参加いただき、ASOBI Barも満杯状態。とても活気のある まなばナイトとなりました。

 前半の入科相談会では、GSIS入科希望の方々が鈴木先生、根本先生に入学後のことや研究テーマ等について熱心に相談をされるシーンが見られ、両先生とも相談者の方々にエネルギーを吸い取られた様子でした。また、GSISのOBOGの方々とのざっくばらんな会話にも花が咲き、「教授システム学に関わる人々」の面白さを感じていただけたのではないかと思っております。

後半の最初は、鈴木先生より、「ストーリー中心型カリキュラム(SCC)とは何か」と題し、教育改革を牽引し続けたいと願う本専攻にSCCを導入した意図と教育改革への思いを熱く語っていただきました。

続いて国内事例として、GSIS3期生の片野俊行さん(TDMコンサルティング株式会社)に、ストーリー型カリキュラム(SCC)に基づいて設計・開発したPMPR(Project Management Professional )試験対策eラーニングコースによる学習効果などについてご紹介いただきました。

そして最後に海外事例として、根本先生より、ストーリー中心型カリキュラムの生みの親であるRoger. C. Schankの実践例をご紹介いただきました。

 ご参加いただいた方々にとっては初めてのランチョンセミナー形式ということで、最初は戸惑うシーンも見られましたが、GSIS OBOGの方々のタイミングの良いナビゲーションで、すぐにこの形式にも馴染んでいました。

また、今回は国内での事例に興味を持つ方が多かったようで、片野さんの事例紹介のときには、コスト、効果などについて具体的な数字を質問する場面が多く見られました。

まなばナイトは、鈴木先生、根本先生をはじめ、GSISのOBOG、現役生によって企画されたものです。関わりの度合いは大小それぞれありますが、GSISを核として企画されたものと、私は思っております。

 まなばナイトは、以下の趣旨で取り組まれています。
===
日本での教授システム学の必要性や認知度はまだまだ低く、GSISの受験者数も減少傾向にあります。
これらを打開するためには、教授システム学の社会貢献をアピールすることはもとより、教授システム学を学んだ人たちが常に社会から必要とされるために、各人の継続的な学びが不可欠です。
本企画がこれらの機会と場を提供していくことで、「教授システム学の社会貢献」ひいては「GSISのさらなる発展」に一役買えればと思います。
===

幹事としては、
教授システム学を学んでみたいと思っている人
GSISを修了したけど、継続的に学びたい人
今の教育環境を何とか改善できないかと悩んでいる人
が集まる場所にしたいと思っています。

第1回も無事終わり、GSISの受験者数も昨年度より増え、この場は、微力ながらお役に立てたのではないかと思っております。

しかし現在は、「参加者の募集」、「会場選び」、「会場レイアウト」、「雰囲気作り」など、まだ課題は山積です。
特に、「参加者の募集」は非常に大きな課題です。ホームページを立ち上げたり、FaceBookを使っても、すぐに満員御礼になるというものではありません。興味のある人にはタイミングよく情報提供やイベントを仕掛けたり、さらに、日頃から密接な人間関係を構築しておくことも大切だと思っています。
なお、第1回は、まなばナイトの1ヶ月ほど前に開催された「熊本大学公開講座」(担当:3期生 都竹さん)からの繋がりで参加された方も多かったようです。

これからも、ご参加いただいた皆様が満足感を得られるような「まなばナイト」を開催できるように頑張りたいと思いますので、今後とも、関係各位の皆様のご協力を何卒よろしくお願いいたします。

※ 次回のまなばナイトは、2月11日(建国記念日)に開催いたします。
詳しくは、こちらをご覧ください。

【関連リンク】
 まなばナイト公式ホームページ
 http://www.manabanight.com/index.html

 熊本大学公開講座(政策創造研究教育センター)
 http://www.cps.kumamoto-u.ac.jp/syogaigakushu/koukaikouza.html#koukai16

 主催:TDMコンサルティング株式会社
 http://www.tdmc.co.jp


IDマガジン購読

現在 677 名の方がIDマガジンを購読中です。 定期購読ご希望の方はメールアドレスを登録してください。


登録後、確認メールが届かない場合「迷惑メール」となっている可能性があります。「id_magazineあっとml.gsis.kumamoto-u.ac.jp」と「idportalあっとml.gsis.kumamoto-u.ac.jp」を迷惑メールから除外して再度登録ください。←「あっと」は「@」に置換え。

おすすめ情報

教授システム学専攻の公開科目でIDの基礎を学習できます。おすすめ科目は以下です。
・基盤的教育論
・eラーニング概論