トップIDマガジンバックナンバー > 第49号

idマガジンロゴ

IDマガジン第49号 (2013/9/20発行)


[049-05]【報告・イベント】「第10回 まなばナイト」実施報告・第11回のお知らせ

第10回まなばナイトは「OPEN:eラーニングとオープンソース、そしてオープンエデュケーション」と題しまして、MOOCsに象徴される近年の動向を探るIT系のワークショップとして2013年8月31日に開催しました。

初めの登壇者は、日本でMoodleといえばこのかた。教授システム学専攻の喜多先生です。内容は、Moodleの最新版を使ったスタディセッションで、モバイルブラウザやタブレットPCから、配られたIDでめいめいログインして用意いただいたコースを使い、いくつかの新しい学びを探りました。

参加した人やチャットで貢献した人にバッヂを付与するなど、MOOCs界隈で注目される機能を実際に体験しながら学ぶことができました。

2番めの登壇者は、教授システム学専攻 博士第一号の宮原さん。いちはやくiTunes Uを活用し大学をオープンにしていこうと取り組まれた経過や学内システムを切り替えていく中でのオープンソースとのつきあい方など、興味深い現場の様子をお伝えいただきました。

iTunes Uは、Appleが社会貢献の側面から提供しており、製品の利用促進にもなるよう供給されている。MOOCsのプロバイダになるようなことはないし、それに必要な機能が加わることもない、考えようによってはもったいないプラットフォームだとも感じた次第です。

お二人の発表の後は、喜多先生のチャットセッションとMOOCsについてのグループディスカッションで、ここでも様々な意見が交わされました。以下はグループ毎に発表していただいた一部です。

・ひとそれぞれ。求めるものもちがう。企業内でのニーズにもつながるが動機の面と仕組みの面でも。
・最新のテキストがMOOCになっていたりするのも魅力。英語は壁。
・影響はまだまだ未知数。学位目的などの動機付け
・修了証もまだまだ概念や目的意識が社会的に高まっていないのでは。
・オンライン大学の大きな脅威にも思える。
・コースが提供されているもので、魅力的。
・対価を払って修了証をもらうか?今の状況では払わないだろう。

最後にクロージングとして鈴木専攻長からも、オープンの潮流について思うところを述べていただきました。

東大にしか出せないコンテンツ。これは、日本語であろうと英語であろうと勝つ。
オープンとは、勝ち負けはっきりしているもの。それがはっきりするビジネス。
何万人何十万人来て、一番の人が全部取っていっちゃう。学習者には明るいはなし。プロバイダとしては、とても厳しい世界。

重く響きました。

【次回「第11回 まなばナイト」開催のお知らせ!】

2013年10月5日(土)17時開催の「第11回 まなばナイト」は、熊本大学大学院教授システム学専攻長の鈴木克明先生、合田美子先生を中心に翻訳が進められた新著を題材に、インストラクショナルデザイン(ID)の最新動向をお伝えするワークショップとなります。

「インストラクショナルデザインとテクノロジ: 教える技術の動向と課題」
http://www.amazon.co.jp/dp/4762828181
書籍の目次は以前のIDマガジンでも紹介されております。
http://www2.gsis.kumamoto-u.ac.jp/~idportal/?page_id=14&no=47&n=3988

ワークショップは監訳者のお一人である合田先生がご登壇になります。他の豪華翻訳者陣も登場するかもしれませんので要チェックです。

日時:2013年10月5日(土) 17:00~19:30(16:30受付開始)
会場:富士通ラーニングメディア「CO☆PIT」 品川インターシティB棟10階
定員:申込み先着 20名様
主催:教授システム学専攻同窓会、後援:TDMコンサルティング

お申し込み・詳細はこちら:
http://www.manabanight.com/event/manabanight11

また、姉妹イベントとして10/17(木)には、医療関係者向けに
第20章:保健医療教育におけるパフォーマンス・研修・テクノロジー
に特化した勉強会も予定されております。
https://www.facebook.com/manabanight/posts/726483364035201
こちらもあわせてご参照ください。

(まなばナイト実行委員、熊本大学教授システム学専攻 修士1期修了生 加地正典)


IDマガジン購読

現在 677 名の方がIDマガジンを購読中です。 定期購読ご希望の方はメールアドレスを登録してください。


登録後、確認メールが届かない場合「迷惑メール」となっている可能性があります。「id_magazineあっとml.gsis.kumamoto-u.ac.jp」と「idportalあっとml.gsis.kumamoto-u.ac.jp」を迷惑メールから除外して再度登録ください。←「あっと」は「@」に置換え。

おすすめ情報

教授システム学専攻の公開科目でIDの基礎を学習できます。おすすめ科目は以下です。
・基盤的教育論
・eラーニング概論