トップIDマガジンバックナンバー > 第53号

idマガジンロゴ

IDマガジン第53号 (2014/7/15発行)


[053-05]【報告】「第14回まなばナイト」実施報告と第15回・第16回開催のお知らせ

【第14回まなばナイト実施報告:ダブルディグリーのススメ ~インストラクショナルデザイン+医療系資格の事例から~】

第14回まなばナイトは、「ダブルディグリーのススメ ~インストラクショナルデザイン+医療系資格の事例から~」と題しまして、医療現場で働く医療従事者とインストラクショナルデザインの融合を参加者全員で考え、意見交換する会として平成26年6月14日(土)に開催しました。
当日はスペシャルゲストとして、フロリダ州立大学教授システム学専攻 教授 ロバート・リーサー先生にもご来場いただきました。
オープニングとして鈴木克明先生から、インストラクショナルデザインや教授システム学専攻についての紹介から始まりました。
続いて、教授システム学専攻OBである私、大石がインストラクショナルデザインと救急救命士の融合について「ダブルディグリー保持者の体験談:良かったことと今後の夢」と題して、話題提供を行いました。
その後、話題提供をもとに美味しい食事を召し上がりながらグループワークとして、インストラクショナルデザインや教授システム学専攻に関しての質疑応答とダブルディグリーであればできることを意見交換しました。

詳しくは、イベント報告のページをご覧下さい。
http://www.manabanight.com/info/manabanight14report

初めての中部開催は、とても和やかな雰囲気のなかで終えることができました。開催するにあたり無事終えることができるか心配でしたが、中部地方の方々が熱い心をお持ちだと分かったため、引き続きまなばナイトin名古屋を開催していきたいと思います。ご参加いただきました皆様、開催までご支援いただきました皆様、ありがとうございました。

(まなばナイト実行委員 大石奨)

【次回 第15回・第16回まなばナイト開催のお知らせ】
今回は2か月連続!
東京と京都で開催します!

●第15回 まなばナイト@東京(緊急開催!)
覚えるIDから使うIDへ~ラーニングセオリーマップの活用

 世の中にはさまざまな学びに関するセオリーがあり、いざ使おうとすると、「はて、どれが適しているのやら」「セオリーAとBはどう違うのやら」と、新たな悩みを抱えることも少なくありません。そこで今回、登場するのが、「ラーニングセオリーマップ」。当日は、このマップの概要と、活用の可能性を探っていきます。

日時:2014年7月27日(日) 14:30~17:00(14:00受付開始)※日曜、早めの時間の開催です!
会場:富士通ラーニングメディア「CO☆PIT」 品川インターシティB棟10階
お申込み&イベント詳細:http://www.manabanight.com/event/manabanight15

●第16回 まなばナイト@関西(京都)
インストラクショナルデザイン研究・実践のショーケース
~学校の,企業の,医療現場の学びに関する事例

熊本大学大学院教授システム学専攻(GSIS)の鈴木克明、都竹茂樹 両専攻長と修了生・現役生が皆様をお迎えし、GSIS開設以降、8年間の修士論文研究の成果を紹介するとともに、皆様の現場での課題について一緒に考えます。

日時:2014年8月9日(土) 17:30-20:00
会場:京都大学吉田キャンパス 百周年記念時計台館 2階会議室
お申込み&イベント詳細:http://www.manabanight.com/event/manabanight16

会場でお会いできることを楽しみにしています。どうぞよろしくお願いします。

(熊本大学大学院 教授システム学専攻 同窓会名誉会長・まなばナイト実行委員 加地正典)


IDマガジン購読

現在 677 名の方がIDマガジンを購読中です。 定期購読ご希望の方はメールアドレスを登録してください。


登録後、確認メールが届かない場合「迷惑メール」となっている可能性があります。「id_magazineあっとml.gsis.kumamoto-u.ac.jp」と「idportalあっとml.gsis.kumamoto-u.ac.jp」を迷惑メールから除外して再度登録ください。←「あっと」は「@」に置換え。

おすすめ情報

教授システム学専攻の公開科目でIDの基礎を学習できます。おすすめ科目は以下です。
・基盤的教育論
・eラーニング概論