トップIDマガジンバックナンバー > 第59号

idマガジンロゴ

IDマガジン第59号 (2015/12/29発行)


[059-04]【報告】これがKU(熊本大学(教授システム学専攻)vs.京都大学)対決だ!

2015年12月5日、教授システム学専攻同窓会特別イベントとして、熊本大学(教授システム
学専攻)vs.京都大学、称して「KU対決」が開催されました。このビッグマッチを裁くのは
この人達しかいない!と審判は大森不二雄(首都大学東京 大学教育センター・教授/熊本
大学・客員教授)と大塚雄作(独立行政法人大学入試センター・教授/京都大学高等教育
研究開発推進センター・前センター長)にお願いしました。

○先鋒戦  喜多敏博 vs. 喜多一(京都大学 国際高等教育院・副教育院長/教授)
喜多一先生はIDの用語はまったく使わずIDと通じる話を展開。やはり合理的・システマ
チックに考えれば同じ答えにたどり着くのだと感心していたところ、喜多一先生は喜多敏
博先生に電気工学系の内容についての不意の出題。これに喜多敏博先生は見事正答。しか
し、喜多敏博先生はこの質問であっという間に昔の学生モード(かつて喜多敏博先生は喜
多一先生の授業を受けていた)に戻ってしまいました。後攻で喜多敏博先生は得意のノー
ガード戦法で反撃しますが、学生モードになった喜多敏博先生、いつものアドリブも冴え
ません。巻き返しも十分でなく、喜多一先生の勝利。

○中堅戦 中野裕司 vs. 梶田将司(京都大学 情報環境機構IT企画室/学術情報メディ
アセンター・教授)
先攻は梶田先生。梶田先生は福井の別の研究会に参加されていたのでSkypeによる遠隔参
戦でした。両選手とも全学の戦略に関わる話題を展開、両KU内部のあまり大きな声では言
えない話が脱線に脱線を重ねて展開されていきました。ある意味、今回のイベントでもっ
とも危険な試合でした。この試合は中野先生勝利、これで1勝1敗のイーブン。

○大将戦 鈴木克明 vs. 飯吉透(京都大学 高等教育研究開発推進センター・センター
長/教授)
そしてついに大将戦。先攻は飯吉先生。飯吉先生は他のイベントからの講演の依頼を蹴
ってまでこの対決に参戦してくださいました。飯吉先生は宇宙大学の設計や新しい人生ゲ
ームを作成するというPBLの紹介や「日本に帰ってきたからにはプラクティショナーとして
必ず何かを成し遂げる」という決意を示してくださいました。そして我らが総大将の鈴木
先生の登場です。鈴木先生は…今回の「ひげ講師日記」にてご本人からお話があると思う
ので、そちらにお譲りします。

試合結果は…大将戦で鈴木先生が勝利し、GSISチームが2勝1敗で勝利を飾りました。試
合後はノーサイドということで選手・審判・スタッフ入り乱れての懇親会。笑い声の中、
冬の京都の夜は更けていきました…。

最後に。このイベントは世界中に生放送したのですが、残念ながら映像が途切れ途切れ
になってうまく視聴できなかった方々もいたようです。動画はまずはGSIS関係者が見られ
るようにしますので、今しばらくお待ちください。

(熊本大学大学院教授システム学専攻 修士7期修了 平岡斉士)


IDマガジン購読

現在 666 名の方がIDマガジンを購読中です。 定期購読ご希望の方はメールアドレスを登録してください。


登録後、確認メールが届かない場合「迷惑メール」となっている可能性があります。「id_magazineあっとml.gsis.kumamoto-u.ac.jp」と「idportalあっとml.gsis.kumamoto-u.ac.jp」を迷惑メールから除外して再度登録ください。←「あっと」は「@」に置換え。

おすすめ情報

教授システム学専攻の公開科目でIDの基礎を学習できます。おすすめ科目は以下です。
・基盤的教育論
・eラーニング概論