トップID関連文献等文献学術論文(審査あり)

ID関連文献等 一覧

このページは、IDに関する文献などを見るものです。必要な文献を見つけるにはカテゴリを選択するか、検索してください。



2017年 / 2016年 / 2015年 / 2014年 / 2013年 / 2012年 / 2011年 / 2010年 / 2009年 / 2008年 / 2006年 / 2005年 / 2004年 / 2003年 / 2000年 / 1998年 / 1997年 / 1996年 / 1994年 / 1989年 / 1988年 / 1987年 / 1986年 / 1984年 / すべての年


学術論文(審査あり) [1986年度] に属する文献一覧 (2件)

  • リンク Suzuki, K.(1987a). How is an attitude toward a newly learned skill formed? An inter-domain interaction study. Unpublished Doctoral Dissertation, Florida State University, U.S.A.▼
     This study explored supportive relationships among objectives from different domains of learning outcomes, namely, the learning of a concept classification skill, informa tion, and attitudes toward the skill. Two versions of an instructional module on the ARCS motivation model were rando mly assigned to pre-service teacher- education students. One version contained examples of problem s olving, using teachers as models, whereas the other version used business training as the context of the modu le. Together with the ''relevance" of the instruction, self-concept of ability, attitude toward learning of the ARCS model, actual level of skill acquisition, and final attitude toward the practical use of the ARCS model f ormed a hypothesized path model of causal inference, which was to be empirically confirmed in this study.  The results indicated that the relevant version of the materia l had a positive effect on the pre-instructional motivation for personal commitment. Such an effect, however, wa s not found on the acquisition of the skill and on attitude formation favoring practical use of the ARCS model. The hypothesized path model was not found to fit the data in this study. Among the variables in the path mod el, a positive relationship was found between the level of skill acquisition and favorable feeling toward the lea rned model. In contrast, the level of skill acquisition was not related to the behavioral intentions in a statistically reliable manner. Some alternatives to the hypothesized model were identified, although the specification of these models needs to be supported by future research. Results are discussed in light of the hyposeses, as w ell as theoretical frameworks so that the hypothesized rnodel may be confirmed, or revised, in future res earch. Implications for instructional design practices are also discussed
  • リンク 鈴木克明(1987b)「CAI教材の設計開発における形成的評価の技法について」『視聴覚教育研究』17、1-15▼
     1.はじめに  スクリバン(Scriven,1967)によって形成的評価の概念が明確化されて以来,プログラム 学習教材の実証的な効果の診断手段として,さらに授業のシステム的設計開発の手続き の中で,形成的評価の研究が重ねられてきた。我が国においてはブルーム(梶田他 訳,1973)による業績が教育評価の立場から広く紹介され,主に教師が前面に立って行う 集団学習での応用が研究されてきている(藤田,1982)。近年の独立型の教材,特にCAI 教材の開発普及に伴い,教材のシステム的設計開発における形成的評価の概念ならび に実践的手法の重要性が増していると思われる。本稿では,定められた学習目標の達成 を促すという意味で『ひとり歩きのできる教材』を形づくる手段としての形成的評価について 概観し,これまでに提案された異体的な技法をCAI教材の設計開発へ応用することを検討 する。


おすすめ情報

教授システム学専攻の公開科目でIDの基礎を学習できます。おすすめ科目は以下です。
・基盤的教育論
・eラーニング概論

謝辞

本サイトは、JSPS科研費「教育設計基礎力養成環境の構築とデザイン原則の導出に関する統合的研究(23300305)」の助成を受け、研究開発を行いました。

70-532   EX300   70-413   PEGACPBA71V1   CISSP   210-060   210-065  , 1Z0-803   70-463   EX300   JN0-360   300-208   70-486   200-120  , 300-075   70-412   200-125  , MB6-703   102-400  , 200-125  , ITILFND   300-115   VCP550   AWS-SYSOPS   70-410   70-980   000-089   300-115   9L0-012  , M70-101   NS0-157   VCP550  , 640-911   MB5-705  , 1V0-601  , 1z0-808   1Z0-060   350-080   N10-006  , 000-106   1Z0-144  , 200-125  , C_TFIN52_66   VCP550   350-030   MB5-705   70-487   70-413  , C_TFIN52_66   SSCP   70-347   MB6-703  , 352-001   101-400   000-080   70-246   642-999   200-355   MB2-707   70-980   PR000041   CCA-500   1Z0-804   NS0-157   70-270   300-075  , EX200   ICBB   70-463   OG0-093   220-802   300-208   100-105  , 350-080   1z0-434   1Z0-144   350-018   70-487  , 2V0-621  , MB2-704   70-270   HP0-S42   100-105  , 500-260   200-125  ,