トップID関連文献等文献学術論文(審査あり)

ID関連文献等 一覧

このページは、IDに関する文献などを見るものです。必要な文献を見つけるにはカテゴリを選択するか、検索してください。



2017年 / 2016年 / 2015年 / 2014年 / 2013年 / 2012年 / 2011年 / 2010年 / 2009年 / 2008年 / 2006年 / 2005年 / 2004年 / 2003年 / 2000年 / 1998年 / 1997年 / 1996年 / 1994年 / 1989年 / 1988年 / 1987年 / 1986年 / 1984年 / すべての年


学術論文(審査あり) [2010年度] に属する文献一覧 (5件)

  • リンク 宮原俊之・鈴木克明・阪井和男・大森不二雄(2010)「高等教育機関におけるeラーニングを活用した教育活動を支える組織支援体制--『大学eラーニングマネジメント(UeLM)モデル』の提案」,教育システム情報学会誌 27(2):187-198▼
     Systematic organizational support is necessary to use e-Learning effectively at higher education insti - tutions. This paper suggests the “University e-Learning Management Model” which considers the char - acteristics of management structure of higher education institutions and the problems of e-Learning. The model has been created based on prior research and our experiences and gone through revisions by apply - ing to e-Learning management of a college in two iterations. Empirical data confirmed the effects of the Model on improved communication and better reaction among stakeholders. キーワード:e ラーニング,教育支援,組織設計,高等教育,インストラクショナルシステムデザイン
  • リンク 村木純偉・喜多敏博・鈴木克明・根本淳子(2010)「OPTIMALモデルチェックリストの開発」日本教育工学会論文誌34(増刊号):177-180▼
     本研究では , インストラクショナルデザイン( I D ) 初学者 でも , 簡単にブレンド型学習をデ ザインできるよう提唱された ID モデル, OPTIMA L モデル のための チェックリストを開発した. OPTIMAL モデルを用いて開発した「基本の麻酔薬」 教材を 用い チェックリストの 形成的評価を 行った. その 結果 , ID の知識がない人にとって 専門用語 は , 用語解説だけでは理解が 困難で あり ,そのため 記入に時間がかかり , 記入が難しいという印象を与えてしまうことが分かった. 本研究では 1 対 1 評価を繰り返 し, 専門用語をなるべく使用しない , 実例を多く提示するなど の 改善 を 行い, ID の知識がなくても使用できるチェックリスト が 作成 できた . キーワード : OPTIMAL モデル , チェックリスト , ブレンド型学習 , インストラクショナルデ ザイン
  • リンク 森田晃子・根本淳子・江川良裕・鈴木克明(2010)「MR教育者の自主的な学習を促す学習ポータルの開発」日本教育工学会論文誌34(増刊号):161-164▼
     本研究では,製薬業界において MR を教育する立場にある 教育担当者の資質向上を目的とし た 学習ポータルの 設計 およびプロトタイプ 開発を行 った. ユーザーニーズ 分析 , 先行研究調査 を行う中で ,教 育担当者 が自主的に自分達に 必要な知識・スキルを 学ぶ学習ポータルを設計す るための着眼点を見出し,プロトタイプを開発した.形成的評価結果から, 開発した システム の機能はスム ーズに作動 することが確認でき ,導いた着眼点の妥当性が示唆された . キーワード :インストラクショナルデザイン,ポータルサイト,教育担当者の教育
  • リンク Nemoto, J., Kubota, S., Migita, M., Nagai, T., Kitamura, S., Kita, T. & Suzuki, K. (2010). Design-Based Research of Authentic Learning: Lessons Learned From Improving an Online E-learning Specialist Graduate Program. The Journal of Information and Systems in Education, 9 (1), 57-68▼
     This paper describes part of an ongoing large-sized study that is pursuing a new model of authentic course design with design-based research. Throughout the design-based research process for designing implementing, and refining two practicum course, this study shows: how a unique practicum was improved that was designed for building knowledge and skills for potential professional instructional designers in the graduate program; and the recommendations derived from the improvement. This study was conducted in an online graduate program in Instructional System in Japan. The target courses we redesigned were Practicum in e-Learning Ⅰand Ⅱ. We adopted a story and included both courses in the same story, with a context of real clients and a real organization. A questionnaire for student, after each course implementation, showed an upward trend in the 2008-09 trial conducted after using the Story-Centered Curriculum (SCC), compared to the previous year, 2007-08. Throughout the design-based research process, we analyzed and confirmed some issues needed to be solved in the current practice in the two courses. Adding a story to the context provided a chance for students and instructors. Lastly, recommendations gained from this study are listed as a guide to develop similar courses. Keywords: authentic learning, practicum, design-based research, e-Learning, Story-Centered Curriculum
  • リンク 朴恵一・喜多敏博・根本淳子・鈴木克明(2010)「ゴールベースシナリオ(GBS)理論に基づく情報活用能力育成教育の実践」日本教育工学会論文誌34(増刊号):165-168▼
     近年,多様な情報を適切に使い活用できる人材育成の必要性が高まっており,大学の情報教 育においても,情報活用力育成のための効果的・効率的・魅力的な指導法の開発が課題となっ ている.本稿では ,新たな指導法の開発に向けて,インストラクショナルデザイン理論の一つ であるゴールベースシナリオ( GBS )理論に基づく情報活用力育成教材の設計・開発を 行い, 授業実践を通じて,その効果を検証した. その結果,アプリケーションの基本スキルの習得や 活用力の向上において一定の効果が見られるとともに,学生の学習成果に対する満足感や学習 意欲,学習態度において肯定的な反応が示された. キーワード : 情報教育,ゴールベースシナリオ( GBS )理論,教材設計,授業実践


おすすめ情報

教授システム学専攻の公開科目でIDの基礎を学習できます。おすすめ科目は以下です。
・基盤的教育論
・eラーニング概論

謝辞

本サイトは、JSPS科研費「教育設計基礎力養成環境の構築とデザイン原則の導出に関する統合的研究(23300305)」の助成を受け、研究開発を行いました。

70-532   EX300   70-413   PEGACPBA71V1   CISSP   210-060   210-065  , 1Z0-803   70-463   EX300   JN0-360   300-208   70-486   200-120  , 300-075   70-412   200-125  , MB6-703   102-400  , 200-125  , ITILFND   300-115   VCP550   AWS-SYSOPS   70-410   70-980   000-089   300-115   9L0-012  , M70-101   NS0-157   VCP550  , 640-911   MB5-705  , 1V0-601  , 1z0-808   1Z0-060   350-080   N10-006  , 000-106   1Z0-144  , 200-125  , C_TFIN52_66   VCP550   350-030   MB5-705   70-487   70-413  , C_TFIN52_66   SSCP   70-347   MB6-703  , 352-001   101-400   000-080   70-246   642-999   200-355   MB2-707   70-980   PR000041   CCA-500   1Z0-804   NS0-157   70-270   300-075  , EX200   ICBB   70-463   OG0-093   220-802   300-208   100-105  , 350-080   1z0-434   1Z0-144   350-018   70-487  , 2V0-621  , MB2-704   70-270   HP0-S42   100-105  , 500-260   200-125  ,