トップID関連文献等文献学術論文(審査あり)

ID関連文献等 一覧

このページは、IDに関する文献などを見るものです。必要な文献を見つけるにはカテゴリを選択するか、検索してください。



2017年 / 2016年 / 2015年 / 2014年 / 2013年 / 2012年 / 2011年 / 2010年 / 2009年 / 2008年 / 2006年 / 2005年 / 2004年 / 2003年 / 2000年 / 1998年 / 1997年 / 1996年 / 1994年 / 1989年 / 1988年 / 1987年 / 1986年 / 1984年 / すべての年


学術論文(審査あり) [2013年度] に属する文献一覧 (6件)

  • リンク 増山純二・久保田真一郎・北村士朗・鈴木克明(2014)BLSの長期定着の検証―病院内急変対応のシステム化に向けて―.教育システム情報会誌,31(1):105-109▼
     はじめに  救急看護に必要な看護技術として,心肺蘇生があ り,突然起こる救急の場面で確実に実施できるもので なければならない.的確に判断し迅速に対応するため には,根拠に基づいた実践を学び習得する必要があ る.しかし,救急医療の現場では教育より診療を優先 せざるをえず,さらに心肺蘇生を必要とする症例数は 必ずしも多くないことから,臨床における技術習得に は限界があった. 患者急変対応の技術は,常に発揮できる状況にして おく必要がある.そのためには,繰り返し研修を行 わなければならない.米国心臓協会(America‌Heart‌ Association,以下 AHA とする)は,「一次救命処置 (Basic‌Life‌Support,以下 BLS とする)コースおよび, 二次救命処置(Advanced‌Cardiovascular‌Life‌Support, 以下 ACLS とする)コースの認定期間を 2 年と定め, 必要に応じて補修または再訓練情報を提供し,救助者 の知識およびスキルの定期評価を行うべきである.こ の再評価と強化に最適な時期および方法は不明であ り,さらなる調査を必要とする」と述べている.再訓練の時期として,筆者 が行った長期記憶に関する研究では,BLS 研修前,研修終了時,6 カ月後 の知識的評価(小テスト)の比較において,研修終了 時では研修前より有意に高い結果を得たが,研修 6 カ 月後では有意に低下した.そこで,BLS 研修 6 カ月後 のフォローアップ研修の導入した結果,長期的な教育 効果が得られ,その後の継続教育は,自己学習のみで 技術が維持できることを報告した.しかし,長期的な 教育効果とは,フォローアップ研修の効果であり,ま た,自己学習についてはフォローアップ研修後の自己 学習であったため,BLS 研修直後の長期記憶の検証は なされていなかった.福岡大学医学部看護学科では,ICT を活用した ブレンディッドラーニングによる看護技術教育を行っ ている.「予習‒授業‒復習」といった基本的なシステ ムが組まれ,e ラーニングと対面授業・演習のブレン ディッド学習法であった.これらの教授設計は,長期 記憶の定着の視点から,先行オーガナイザとして,こ れから記憶する内容を事前に学習させ,学習者へ方向 づける方法をとっている.また,ガニェの 9 教授事 象の最後の事象で重要とされる「保持と転移を高 める」とあり,研修後に継続的な学習を行い,記憶の 定着化を図っていることがうかがえる.しかし,アン ケート調査による授業評価において学習効果を示唆し ていたが,学習の保持として長期記憶の評価は行われ ていなかった.今回,患者急変対応の中でも,心肺停止の患者への 対応とそのシステムの構築を目指し,研修の効果,効 率を検証し,急変対応のシステムの現状と問題点を抽出した.また、それらのシステムに関与するステークホルダーの問題を抽出し、今後の課題について考察した.
  • リンク Oikawa, Y., Matsuba, R., Kita, T., Suzuki, K., & Nakano, H. (2013). Development of a Similar-question Generator to Support Peer Teaching. International Journal for Educational Media and Technology, 7(1), 38-49.
      詳細はありません。
  • リンク Nakajima, K., Nakano, H., Watanabe, A., & Suzuki, K. (2013). Proposal for the Volition Subcategories of the ARCS-V Model. International Journal for Educational Media and Technology, 7(1), 59-69.
      詳細はありません。
  • リンク 加藤泰久・喜多俊博・中野裕司・鈴木克明(2013)フロー理論に基づく学習教材・学習環境再設計支援のためのチェックリストの評価と改善.教育システム情報学会誌,30(3):200-211▼
     This paper describes an evaluation to verify the reliability, sensitivity, and effectiveness of the checklist. An improvement of the checklist is also described. The checklist, based on flow theory, was developed as a support tool for teachers and courseware designers to redesign learning materials and environments from the view point of motivational design. After the literature review of the applied research on flow theory to the educational field, it is found that there are few practical tools proposed. This paper focuses on the formative evaluation of the flow-theory-based checklist, which has been already proposed, and the verification of its reliability, sensitivity, and effectiveness. To carry out the whole evaluation experiment, the e-learning materials were developed and the preliminary experiment, the expert review, and the evaluation experiment were performed. As a result, the checklist is found to be practical enough and the future tasks are clarified.キーワード:フロー理論,チェックリスト,学習環境再設計,e ラーニング,チェックリストの評価
  • リンク 鈴木克明(2013)eラーニング活用による教授法の再構築に向けて.工学教育,61(3):14-18▼
     In this paper, Graduate School of Instructional Systems at Kumamoto University is introduced as an online graduate school targeted in providing training for e-learning specialist via e-learning. Instructional design is placed as the central core of its curriculum, as a necessary foundational area of specialization for e-learning professionals. Restructuring of the current university teaching is proposed by integrating e-learning components from five perspectives:(1)searching network to find out what can be used in classroom teaching, (2)providing a portal with recommended links for students to investigate and share the findings, (3)placing a quiz in every session to confirm basic knowledge and key concepts dealt in the session, allowing repeated trials with automated scoring and record keeping, (4)using a discussion board to allow mutual exchanges of ideas and report drafts among students, and (5)creating a portfolio for students’ work to be shared for appealing their accomplishments. The readers are invited to involved in future collaborative work with the author.  Keywords: Instructional Systems, e-learning, University Teaching, LMS  キーワード: 教授システム学,eラーニング,大学教育,学習管理システム
  • Jung, I., Ho, C. P., & Suzuki, K. (2013 in print). Youtube use in colleges in Japan and USA: A comparative look. International Journal of Instructional Media, 40(1), xx-xx.
      詳細はありません。


おすすめ情報

教授システム学専攻の公開科目でIDの基礎を学習できます。おすすめ科目は以下です。
・基盤的教育論
・eラーニング概論

謝辞

本サイトは、JSPS科研費「教育設計基礎力養成環境の構築とデザイン原則の導出に関する統合的研究(23300305)」の助成を受け、研究開発を行いました。

70-532   EX300   70-413   PEGACPBA71V1   CISSP   210-060   210-065  , 1Z0-803   70-463   EX300   JN0-360   300-208   70-486   200-120  , 300-075   70-412   200-125  , MB6-703   102-400  , 200-125  , ITILFND   300-115   VCP550   AWS-SYSOPS   70-410   70-980   000-089   300-115   9L0-012  , M70-101   NS0-157   VCP550  , 640-911   MB5-705  , 1V0-601  , 1z0-808   1Z0-060   350-080   N10-006  , 000-106   1Z0-144  , 200-125  , C_TFIN52_66   VCP550   350-030   MB5-705   70-487   70-413  , C_TFIN52_66   SSCP   70-347   MB6-703  , 352-001   101-400   000-080   70-246   642-999   200-355   MB2-707   70-980   PR000041   CCA-500   1Z0-804   NS0-157   70-270   300-075  , EX200   ICBB   70-463   OG0-093   220-802   300-208   100-105  , 350-080   1z0-434   1Z0-144   350-018   70-487  , 2V0-621  , MB2-704   70-270   HP0-S42   100-105  , 500-260   200-125  ,