トップID関連文献等文献論文(卒業論文)

ID関連文献等 一覧

このページは、IDに関する文献などを見るものです。必要な文献を見つけるにはカテゴリを選択するか、検索してください。



2006年度 / 2005年度 / 2004年度 / 2003年度 / 2002年度 / 2001年度 / 1998年度 / 1996年度 / 1994年度 / すべての年度


論文(卒業論文) [2001年度] に属する文献一覧 (5件)

  • リンク 林成玲(2002)「情報入門演習前後におけるコンピュータ不安の分析」『岩手県立大学ソフトウェア情報学部 2001年度提出卒業論文』▼
     第 1 節 研究の動 機 岩手県 立大学で は, 1 年生を対象 に,学部 混成で情 報処理の 入門演習 「情 報 メディア 入門」 を行っている . 大学で生 活するた めに最低 限必要な 情報機器 の操 作方法や 情報に対 する考え 方, 共同作業の進め 方などを 学ぶもの となって いる . 筆者は, 実際に1 年次に本 演習を受 講した. コンピュ ータは初 心者に近 かっ たので, 演習中は 課題に苦 労した部 分もあっ たが,な んとかや り遂げる こと が できた. はじめは コンピュ ータに対 して,本 当に使え るように なるのか どう か の不安も あったが ,それも 徐々に解 消されて いき,普 段の生活 において も学 内 の情報シ ステムが 普通に利 用できる ようにな った.筆 者の学部 はコンピ ュー タ 系の専門 学部(ソ フトウェ ア情報学 部)であ るため, 情報メデ ィア入門 以外 に もコンピ ュータを 触る機会 が多く, 一概には 本演習の おかげと は言い切 れな い 部分もあ るが,本 演習の効 果は大き かったよ うに思う .一方で ,筆者と 一緒 に 受講して いた他学 部の学生 は,最後 までコン ピュータ を触るこ とに対し て不 安 そうにし ており, 授業外では あまり積 極的に活 用してい ないよう に感じら れた. このこと から,そ れぞれの 受講生に 対して演 習の効果 が異なっ ているの では な いかとい う問題意 識を持っ た.特に ,課題の 量が多く ,たまに 教員が専 門用 語 を使うな ど,初心 者に対し ての配慮 が足りな いように 感じられ た. そこで, 本演習の 授業の効 果を,受 講者の不 安が解消 している かという 観点 から検討 すること にした.
  • リンク 柴田泰典(2002)「『講義のツボ』におけるXMLを用いた練習問題用ページ自動作成システムの開発」『岩手県立大学ソフトウェア情報学部 2001年度提出卒業論文』▼
     岩手県立大学ソフトウェア情報学部の社会情報シ ステム学講座では「講義のツボ」
  • リンク 斉田裕二(2002)「携帯電話における教育用Javaアプリケーションの実態調査と試作」『岩手県立大学ソフトウェア情報学部 2001年度提出卒業論文』▼
     1.1 本研究の動機 2 001 年 1 月に NTT DoCoMo が J ava プ ログラム 実行環境 を搭 載した携帯 電 話 (以 下 J ava 搭載携帯 電話)の販 売を開 始 した.従来の携 帯電話は ,イ ン ターネットを利用したコンテンツの提供が H T M L ・ CGI 技 術だけであったことに対し,J av a ア プリケーシ ョン で の コ ン テン ツの提供 が 可 能と なった こ と は ,大 きな変化と言える. そこ で, Java 搭 載携帯電 話の登場に より,携 帯電 話 を 利用しての学習が より効 果的に行えるのでは な いかと考えた.
  • リンク 菅野真吾(2002)「自己破産シミュレーション教材の開発」『岩手県立大学ソフトウェア情報学部 2001年度提出卒業論文』▼
     1 研究の背景 現在,コンピュータを用いた様々な学習支援シス テムが開発されており,その中に,シミュレーショ ン型教材が存在する.Web上の『道徳自作教材の部 屋』には,「自己破産」 1) という授業実践例が紹介 されており,その中に「借金のシミュレーション」 がある.自己破産となる借金限度額を理解すること を目的とし,借金により買い物をして,設定された 借金額の境界を超えたか否かで自己破産が判定さ れ,その境界を算出する公式が説明される.しかし, 借金額だけを設定し,その場で自己破産か否かのみ を判定するのでは,シミュレーションとは言い難い. 本研究の目的は,「自己破産」 1) のシミュレーシ ョンを改善し,その学習効果を検証することであっ た.そのために, Web教材, シミュレーション教材, 応用教材の3段階に分けて教材を開発した.各段階 における開発上の変更点を表1に示す
  • リンク 一戸亜弥(2002)「復習機能を強化したiモードドリル(漢字の世界)の開発」『岩手県立大学ソフトウェア情報学部 2001年度提出卒業論文』
      詳細はありません。


おすすめ情報

教授システム学専攻の公開科目でIDの基礎を学習できます。おすすめ科目は以下です。
・基盤的教育論
・eラーニング概論

謝辞

本サイトは、JSPS科研費「教育設計基礎力養成環境の構築とデザイン原則の導出に関する統合的研究(23300305)」の助成を受け、研究開発を行いました。

70-532   EX300   70-413   PEGACPBA71V1   CISSP   210-060   210-065  , 1Z0-803   70-463   EX300   JN0-360   300-208   70-486   200-120  , 300-075   70-412   200-125  , MB6-703   102-400  , 200-125  , ITILFND   300-115   VCP550   AWS-SYSOPS   70-410   70-980   000-089   300-115   9L0-012  , M70-101   NS0-157   VCP550  , 640-911   MB5-705  , 1V0-601  , 1z0-808   1Z0-060   350-080   N10-006  , 000-106   1Z0-144  , 200-125  , C_TFIN52_66   VCP550   350-030   MB5-705   70-487   70-413  , C_TFIN52_66   SSCP   70-347   MB6-703  , 352-001   101-400   000-080   70-246   642-999   200-355   MB2-707   70-980   PR000041   CCA-500   1Z0-804   NS0-157   70-270   300-075  , EX200   ICBB   70-463   OG0-093   220-802   300-208   100-105  , 350-080   1z0-434   1Z0-144   350-018   70-487  , 2V0-621  , MB2-704   70-270   HP0-S42   100-105  , 500-260   200-125  ,