トップIDマガジン連載 > シリーズID理論

idマガジンロゴ

[026-03]【シリーズID理論】第8弾「GB-III特集その1:予告編」

新春号を記念して、何か始めなければ・・・と思いついたのは、初心に帰るということで、「ID理論」の紹介を再開することでした。このシリーズでは、ID分野の研究に携わる人で知らない人はいない、ライゲルース教授の「グリーンブックⅡ」(正式名は、ID理論とモデル:Instructional-Design Theories and Models)の紹介をしてきました。まだ紹介していない理論も残っていますが、グリーンブックの三巻目が登場したので、しばらく第三巻の内容を取り上げることにします。

この「グリーンブックⅢ」に関しては、2009年のe-Learning Conference 2009 Summerで発表しています。eLCの会員であれば、過去の資料をご覧いただけます。

今回は、予告編として「グリーンブックⅢ」の概要について紹介します。

一言で言えば「グリーンブック(以下、GB)」はID理論集ですが、Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ巻とそれぞれの役割があります。GBⅠはADDIEモデルに代表される開発プロセスと出来上がった教材の青写真を描くためのIDモデル・理論の区別を提案し、IDがADDIEだけではないことを定着させ、本分野の研究者に強いインパクトを与えました。GBⅡは、1990年代後半の様々な理論を集めまとめたものであり,構成主義に立脚した数多くのIDモデルを紹介し、IDが時代とともに進化していることを示しました。そして、今回出版されたGBⅢでは、徐々に変化する本分野も、徐々に成熟しつつあることを踏まえ、共通の用語を用いて、共通の知識ベース(基盤)を作りだそうとしています。それがGBⅢの副題「共通知識基盤の構築(Building a Common Knowledge Base)」に示されています。

ⅠとⅡでは、さまざまな理論をひとつずつ取り上げて紹介していますが、Ⅲでは、これまで紹介してきた理論や最新の動向を、共通の枠組みを使って今までとは違う形で紹介しようとしています。今までは、認知領域や情意領域といった学習課題の種類ごとにまとめて理論やモデルを個別に紹介してきました。しかし、今回は、それらの集大成ともいえる一般理論(メリルの第一原理を採用)と、複数の教授要素(たとえば、コーチングや例示、例と例でないものの提示など)から構成される「アプローチ」と呼ぶ教授原理単位ごとの個別理論の二つに分けて概念化しています。情報時代となった今日では、学習課題ごとにまとめるよりも実際に使える状況ごとに整理したほうが、活用度が高まるという配慮からきているようです。

では。次回からをお楽しみに。

熊本大学大学院 根本淳子


シリーズID理論 記事一覧

IDマガジン購読

現在 583 名の方がIDマガジンを購読中です。 定期購読ご希望の方はメールアドレスを登録してください。


登録後、確認メールが届かない場合「迷惑メール」となっている可能性があります。「id_magazineあっとml.gsis.kumamoto-u.ac.jp」と「idportalあっとml.gsis.kumamoto-u.ac.jp」を迷惑メールから除外して再度登録ください。←「あっと」は「@」に置換え。

おすすめ情報

教授システム学専攻の公開科目でIDの基礎を学習できます。おすすめ科目は以下です。
・基盤的教育論
・eラーニング概論