トップIDマガジン連載 > ヒゲ講師の活動日誌

idマガジンロゴ

[059-02]【連載】ヒゲ講師のID活動日誌(55) KU対決(延長線)の行方は?

ヒゲ講師は、12月5日(土)京都大学吉田泉殿にいた。同窓会が専攻10周年を記念した特別
イベント「KU(熊大・京大)対決」に大将として参戦するためである。会場が狭いためにネ
ット参加を原則とした(逆ですね、そういう会場を選んだんですから)。しかし、ネット
ワークが途切れがちで、中身があまりよく分からなかったとの声(苦情)を多く聞いた(
レイヤーマイナス1の問題ですね)。いまだにベールに包まれたままの対戦の模様はビデ
オ録画でそのうち明らかになるとは思うが、ダイジェストだけの公開にしておいた方が良
いのかもしれない。やっぱりあれは、全部公開するには過激すぎる「アングライベント」
だったようです。

大将戦は(その前の対戦が大幅にもつれたこともあって)あとに控える懇親会開始の時間
を気にしながらの展開であった。「現在、最も苦戦しているものは何ですか?それにどの
ように対処しようとしていますか?」という問いと「仕事上で、今一番楽しく妄想できる
ことは何ですか?」という問いを京大大将から投げかけられていた。これらの問いは、10
周年行事に相応しく、現在・過去・未来を省察する好機になりました(多謝)。やること
が多すぎることに最も苦戦してきた。その対処法は、仕事を精選することだと思う。一番
楽しく妄想できることは、新しいものを作って見せた時にどんな反応が得られるかを考え
ることだ。ビデオがなくてもこれだけ書けば、私の答えが何であったか、およそのことは
伝わるだろう。

将来についての妄想の手助けは、何といっても読書。互いの質問に答えたあとの自由演技
「大技フェーズ」のために用意したスライドは「ランチョンセミナー方式」で次にリスト
する用語から、気になるものを選んでもらった。

・保険仕事
・勤労の義務とは所属チームに貢献すること
・山登りの勧め(川下りではなく)
・脅しから姿勢の防災教育へ:釜石の奇跡
・トヨタはトヨタ生産方式で儲けているわけではない
・人間は火を発見したのではない。火をデザインした

時間の関係もあって、結局、リストの最後のスライドだけオープンする機会を得た。IDも
デザインを標榜しているのだから「デザインの伝統」をもっと学ぶ必要がある。IDT訳本に
も紹介されたこの考え方は、最近ヒゲ講師が注目している動向であり、読むべき本は山積
みである。この動向を調べる時間を確保することも、今後の「苦戦」として続くのだろう

その他のスライドは(せっかく準備したのに!)オープンする機会がなかった。きっとま
た、ランチョンセミナー等でお披露目するチャンスが持てるだろうと思う。2016年1月6日
(水)作並から遠隔でお届けする予定のランチョンセミナー恒例の「新春放談」が良い機
会になるかもしれない。

読者の皆様、どうぞよいお年をお迎えください。またいつかどこかで。

(ヒゲ講師記す)


ヒゲ講師の活動日誌 記事一覧

IDマガジン購読

現在 675 名の方がIDマガジンを購読中です。 定期購読ご希望の方はメールアドレスを登録してください。


登録後、確認メールが届かない場合「迷惑メール」となっている可能性があります。「id_magazineあっとml.gsis.kumamoto-u.ac.jp」と「idportalあっとml.gsis.kumamoto-u.ac.jp」を迷惑メールから除外して再度登録ください。←「あっと」は「@」に置換え。

おすすめ情報

教授システム学専攻の公開科目でIDの基礎を学習できます。おすすめ科目は以下です。
・基盤的教育論
・eラーニング概論