トップIDマガジン連載 > ヒゲ講師の活動日誌

idマガジンロゴ

[040-02] 【連載】ヒゲ講師のID活動日誌(36) ~これほど嬉しいことはない~

われらが熊大GSIS修了生たちが、会社を立ち上げました。
会社の設立はフランス革命の7月14日(2011年)。
その名前はTDMコンサルティング株式会社。

代表取締役(われらが3期生)曰く:
私は、この専攻を修了したことで、人々の成長を支援する仕事を通して社会に貢献したいという思いが一層強くなり、
同じ志を持つ修了生の仲間達と、新たに人材教育コンサルティングの会社を立ち上げるに至りました。
(中略)
私たちは、これからの日本の教育には大きなパラダイムシフトが起こる、起こさなくてはならないと考えております。貴社の人材開発のための教育設計やeラーニングの構築を進められる際のパートナーとしてTDMコンサルティング株式会社がお役に立てるよう、日々精進してまいります。今後とも、ご愛顧、ご支援のほど、何卒宜しくお願い申し上げます

これほど嬉しいことはないですね。
ミッションステートメントは、私たちは人々の成長を支援することで、社会に貢献します!(当然、学習者中心ですな)
ビジョンは、効果的、効率的、魅力的な 学習環境を提供する(おー、IDの目指す3つの目標じゃないですか!)。
バリューは、Customer、Change
Learning、Cognoscenti、Crewの4つのCだそうです(あれ、ヒゲ講師も知らない単語も入ってますが・・・)。

思い起こせば、2008年4月、熊本の大学院を立ち上げてようやく2年がたち、修士課程が完成したときにわが専攻の門を叩き、タイミングよく文科省の大学院GPに選定されて着手した「ストーリー型カリキュラム(SCC)」の洗礼を受けて、大学院入学と同時に仮想会社MTM社に途中入社した3期生たち。その人たちが、えらくSCCを気に入ってくれたのか、仮想会社から巣立ったわれらが同窓生が、現実の会社を立ち上げたのであります。もちろん、ヒゲ講師をはじめ、全面バックアップ付です。何故って、この会社がいい仕事をしなければ、我々の教育の成果が問われますからねぇ。

この小さい会社で何ができるのか。それはすべてこれからです。その第一歩としてイーラーニングコンソシアムの準会員になりました。IDの専門性をウリにして何かをやらかそうとしてくれる若輩者たちを、皆様どうぞ暖かく応援してあげてください。

もしかして、ここから何かが始まるかもしれない。
そんな予感がして、鳥肌が立っています。

(ヒゲ講師記す)

参考URL
TDMコンサルティング株式会社
http://tdmc.co.jp/


ヒゲ講師の活動日誌 記事一覧

IDマガジン購読

現在 678 名の方がIDマガジンを購読中です。 定期購読ご希望の方はメールアドレスを登録してください。


登録後、確認メールが届かない場合「迷惑メール」となっている可能性があります。「id_magazineあっとml.gsis.kumamoto-u.ac.jp」と「idportalあっとml.gsis.kumamoto-u.ac.jp」を迷惑メールから除外して再度登録ください。←「あっと」は「@」に置換え。

おすすめ情報

教授システム学専攻の公開科目でIDの基礎を学習できます。おすすめ科目は以下です。
・基盤的教育論
・eラーニング概論