トップID関連文献等文献報告書

ID関連文献等 一覧

このページは、IDに関する文献などを見るものです。必要な文献を見つけるにはカテゴリを選択するか、検索してください。



2016年度 / 2014年度 / 2013年度 / 2012年度 / 2011年度 / 2010年度 / 2003年度 / 2002年度 / 2001年度 / 2000年度 / 1998年度 / 1997年度 / 1996年度 / 1995年度 / 1994年度 / 1993年度 / 1992年度 / 1990年度 / すべての年度


報告書 [2003年度] に属する文献一覧 (3件)

  • リンク 鈴木克明(2004)高等教育情報化推進協議会『平成15年度文部科学省委託<エルネット高度化推進事業>エルネット<オープンカレッジ>について(第5年次報告書)』(分担執筆:IV新たな取り組みについて 3.モジュール化について 〔4〕生涯学習講座におけるブレンディングについて)pp.136-138▼
     ブレンディングとは何か ブレンディング[blending]とは、異なる 教育方法を組み合わせてより高い効果をねらうように研修コース全体をデザインする手法である。eラーニングが企業内教育などで注目されてくるにつれて、e ラーニングと集合研修などその他の研修形態をミックスすることが日常化したことから、ブレンディングという言葉が一般化した。生涯学習講座にモジュールコ ンテンツを用いる場合、モジュールコンテンツに何を求め、それ以外に何を加えることで、講座全体をどのようにトータルデザインするかを考える必要がある。 その際、eラーニングにおけるブレンディングの考え方はひとつの参考になる。 根本(2002)は、WBT(Webを用いた研修)と集合研修をブレンディングする事例は、集合研修(オリエンテーションなど)と集合研修(ディスカッ ションなど)の中間にeラーニングによる学習を据える「中核型」と、それとは逆に集合研修の予習と復習をeラーニングで実施する「両端型」の2つに大別さ れる傾向があると指摘している。モジュールコンテンツを講座参加者が自宅などで利用できるようになれば(いわゆるeラーニングとしての利用)、参加者が一 堂に会したときには何をやるのが良いのか。 eラーニングを前提とした講座のあり方は、それを前提としていない講座とはおのずと異なってくることが予想される。根本(2002)は、ブレンディングと は、既存のコースをそのまま残すことではなく、集合研修とeラーニングの長所を組み合わせ、互いに特化した目的を担わせることだと強調している。自宅利用 ができるようになったことで、学習機会がより柔軟になった。この変化を最大限に活用することを考えれば、eラーニングではできないことを集合研修でやる、 というのが棲み分けの原則になるのだろう。 この他のブレンディングの可能性としては、香取(2001)が、ラーニングセンターなどに集合してインストラクタの指導のもとにWBT教材などを使って個 別研修を進める方法と、WBT教材をインストラクタが使いながら集合研修を進める方法が考えられるとしている。インターネット環境などが整っていない参加 者向けに、公民館などのインターネット端末や録画された教材を視聴するコーナーを開放し、全員集合してディスカッションする前に個別に予習をしてもらうよ うな講座デザインも考えられる。また、モジュールコンテンツを従来からの生涯学習講座の一部として、インストラクタ主導の下で全員視聴することもまた、利 用方法の一つである。
  • リンク 鈴木克明(2004)平成15年度NHKデジタル教材評価委員会『平成15年度デジタル教材授業実践についての評価報告書』(NHK教育番組部委託研究)(監修、分担執筆:要約)▼
     本評価研究では,過去2年の取り組みをふまえ,学習者,授業者,コンテンツ制作者の3者の立場からの包括的な評価を試みた。すなわち,1:教師のプランニ ングワークシート,2:児童イメージマップ,3:アクセスログ・ポートフォリオ,4:教師リフレクションワークシート,5:教師インタビュー,6:制作者 インタビューの6つの方法を組み合わせた。より具体的な教師のデジタル教材の利用意図,学習者の反応を明らかにすることを目的に,2学期末,3学期の2回 単元レベルでの事例研究を実施した(第1章)。 ログ分析・ポートフォリオ収集システムは,昨年度までの開発状況及び利用者からのフィードバックを踏まえ,今年度の研究枠組みに合うような変更を行った。 実施した作業は、1:「にんげん日本史」のデータを追加,2:2003年度への対応,3:ログの自動収集システムの実装,4:利用マニュアルの作成の4つ であった(第2章)。 5校5番組を対象にした調査を実施した。調査の実施時期,各校のネットワーク環境の問題もあり,すべてのデータが収集できたわけではない。ポートフォリオ では32件の記録を収集した。アクセスログについては,ネットワーク環境に問題があり,根岸小学校の2003年12月18日から2004年3月19日まで のログのみとなった。プランニングワークシートでは、デジタル教材の利用意図を含めた単元計画の記入を依頼した。リフレクションワークシートでは、プラン ニングワークシートにもとづいて実践をふりかえり,デジタル教材の評価を依頼した。イメージマップ調査では,延べ234名の児童からデータを収集した。児 童を対象にしたデジタル教材についてのアンケートでは,延べ245名が対象となった。教師へのインタビューからは,デジタル教材の印象,それぞれをどのよ うに使い分けたのか,具体的な利用意図を把握することができた。制作者へのインタビューでは,番組のコンセプト,評価対象になった放送回の制作意図と実践 者の利用意図との対応を中心に尋ねた。事例研究では,各校・各単元ごとに,デジタル教材を使う教師の利用意図,学習者が得られた効果,制作者の意図を突き 合わせる評価を行った。(第3章) 得られた成果を整理し,次の点を考察した。(1)教師のデジタル教材の利用イメージの明確化、(2)学習者によるデジタル教材評価、(3)制作者への フィードバックと教師との協同。対象校,番組,調査期間をしぼりこんだ本年度の研究で得られた成果は,デジタル教材そのものの評価としては部分的なものに とどまる。しかしその一方で,デジタル教材を評価する枠組みとして,教師,学習者,制作者の間で共有するべき要件を明らかにすることが出来たと考える。一 方で、今後の課題として、次の点を考察した。(1)評価方法の効率化、(2)教材に対する評価と学習者に対する評価、(3)制作者と教師の対話。(第4 章)。今回のような評価の取り組みは、それにかかる時間、労力が大きく、一般に広めていくことは現実的ではない。評価研究で得られたノウハウを、日常的な 実践の現場における単元計画のツールとして、あるいは制作者と教師との対話ツールとして、使えるようにしていく工夫が求められる。(第4章)
  • リンク 鈴木克明(2004)『人材育成支援工学創出のための実践的・試行的研究―IT スキル標準を題材にして―』(財)岩手県学術研究振興財団研究助成「特色・戦略的研究」(ソフトウェア情報学部プロジェクト)2004 年度 研究成果報告書[PDF](研究代表:曽我正和)(研究協力代表、編集責任者)▼
     研究成果概要 本研究 は、情報 システム 学の視座 から 人材育成支援工学 を構築 、高度情報通信技術 を応用 した 人づく り研究 をして 、企業内 の人材開発手法 を体系化 するための 基礎的 ・試行的研究 である 。 3 年プロジェク トとして 「特色 ・戦略的研究 」の研究助成 を受けて 取り組んだ 結果 、以下 の4点の研究成果 をあげた 。


おすすめ情報

教授システム学専攻の公開科目でIDの基礎を学習できます。おすすめ科目は以下です。
・基盤的教育論
・eラーニング概論

謝辞

本サイトは、JSPS科研費「教育設計基礎力養成環境の構築とデザイン原則の導出に関する統合的研究(23300305)」の助成を受け、研究開発を行いました。

70-532   EX300   70-413   PEGACPBA71V1   CISSP   210-060   210-065  , 1Z0-803   70-463   EX300   JN0-360   300-208   70-486   200-120  , 300-075   70-412   200-125  , MB6-703   102-400  , 200-125  , ITILFND   300-115   VCP550   AWS-SYSOPS   70-410   70-980   000-089   300-115   9L0-012  , M70-101   NS0-157   VCP550  , 640-911   MB5-705  , 1V0-601  , 1z0-808   1Z0-060   350-080   N10-006  , 000-106   1Z0-144  , 200-125  , C_TFIN52_66   VCP550   350-030   MB5-705   70-487   70-413  , C_TFIN52_66   SSCP   70-347   MB6-703  , 352-001   101-400   000-080   70-246   642-999   200-355   MB2-707   70-980   PR000041   CCA-500   1Z0-804   NS0-157   70-270   300-075  , EX200   ICBB   70-463   OG0-093   220-802   300-208   100-105  , 350-080   1z0-434   1Z0-144   350-018   70-487  , 2V0-621  , MB2-704   70-270   HP0-S42   100-105  , 500-260   200-125  ,