トップID関連文献等文献報告書

ID関連文献等 一覧

このページは、IDに関する文献などを見るものです。必要な文献を見つけるにはカテゴリを選択するか、検索してください。



2016年度 / 2014年度 / 2013年度 / 2012年度 / 2011年度 / 2010年度 / 2003年度 / 2002年度 / 2001年度 / 2000年度 / 1998年度 / 1997年度 / 1996年度 / 1995年度 / 1994年度 / 1993年度 / 1992年度 / 1990年度 / すべての年度


報告書 [2011年度] に属する文献一覧 (2件)

  • リンク 相田芙美子、渡邊浩之、小川ゆきえ、山下大輔、古庄敬文「ラーニングコモンズの要素分析 -日本における導入を前提として-」私立大学図書館協会研究助成報告書(2009-2010年度助成)(共同研究)▼
      研究の目的 現在、日本 の大学 では、講義•学習の変化により、アクティブラーニングの実施およびグループ学習 の機会が増加している。そして、これに対応する施設として ラーニング・コモンズ(以下 「 LC 」という。 ) が注目されている。 この 研究の目的は 、 LC に挙げられるような多様な学習環境を導入する際の、いくつかのモデルを提 供することにある。 海外では実施例が増え、施設・ サー ビスについてのベスト・プラクティスが評価、公表されてきてい る。しかし、日本では LC の事例はまだ少ない。 各館が導入を検討する際の材料としては情報が乏しい。 特に 、学生数が少な い中・小規模の大学では独自の調査が難しい場合もあるだろう。 そのため、今回の研究で は、 LC (または相当の学習施設・サービス)の導入により、大学の学習支援 環境・体制の強化を検討したい大学 および 図書 館員 のために、 国内外の事例を紹介し、具体的な構築例 を提示するものとする 。
  • 大森不二雄(2011)「『社会市場』と高等教育―知を媒介にした市場と社会の関係性の再考―」科学研究費補助金 基盤研究(B)(研究代表者:羽田貴史)平成20-22年度報告書『アジア・太平洋地域における高等教育市場化政策の国際比較研究』、62-105頁.
      詳細はありません。


おすすめ情報

教授システム学専攻の公開科目でIDの基礎を学習できます。おすすめ科目は以下です。
・基盤的教育論
・eラーニング概論

謝辞

本サイトは、JSPS科研費「教育設計基礎力養成環境の構築とデザイン原則の導出に関する統合的研究(23300305)」の助成を受け、研究開発を行いました。

70-532   EX300   70-413   PEGACPBA71V1   CISSP   210-060   210-065  , 1Z0-803   70-463   EX300   JN0-360   300-208   70-486   200-120  , 300-075   70-412   200-125  , MB6-703   102-400  , 200-125  , ITILFND   300-115   VCP550   AWS-SYSOPS   70-410   70-980   000-089   300-115   9L0-012  , M70-101   NS0-157   VCP550  , 640-911   MB5-705  , 1V0-601  , 1z0-808   1Z0-060   350-080   N10-006  , 000-106   1Z0-144  , 200-125  , C_TFIN52_66   VCP550   350-030   MB5-705   70-487   70-413  , C_TFIN52_66   SSCP   70-347   MB6-703  , 352-001   101-400   000-080   70-246   642-999   200-355   MB2-707   70-980   PR000041   CCA-500   1Z0-804   NS0-157   70-270   300-075  , EX200   ICBB   70-463   OG0-093   220-802   300-208   100-105  , 350-080   1z0-434   1Z0-144   350-018   70-487  , 2V0-621  , MB2-704   70-270   HP0-S42   100-105  , 500-260   200-125  ,