トップID関連文献等文献論文(修士論文)

ID関連文献等 一覧

このページは、IDに関する文献などを見るものです。必要な文献を見つけるにはカテゴリを選択するか、検索してください。



2018年度 / 2017年度 / 2016年度 / 2015年度 / 2014年度 / 2013年度 / 2012年度 / 2011年度 / 2010年度 / 2009年度 / 2008年度 / 2007年度 / 2006年度 / 2005年度 / 2004年度 / 2003年度 / 2001年度 / すべての年度


論文(修士論文) [2012年度] に属する文献一覧 (7件)

  • リンク リンク リンク 村上幸生(2012)「Basic LTIに準拠した学習支援ツールの開発とその評価」」『熊本大学大学院 社会文化科学研究科 教授システム学専攻 2012年度提出修士論文』▼
     現在,多くの高等教育機関においてLMS(Learning Management Syste m,学習管理システム)を用いた教育が行われており,そのLMS上で利用される学習支援ツールも様々なものが存在する.特定のLMS上で動作するように設計された学習支援ツールは,同一種類のLMS 上でのみ動作可能であり,また,LMSのインストール毎に,学習支援ツールもプラグイン等としてインストールする必要がある.しかし,Basic LTI(Le arning Tools Interoperability)に準拠した学習支援ツールであるならば,Basic LT Iに準拠したLMSからすぐに動作させることが可能であり,逐一インストールすることも不要である.本研究では,Basic LT Iに準拠した学習支援ツールを開発し,その学習支援ツールがMoodle 1.9,Moodle 2.2,CanvasなどのBasic LTIに準拠したLMSから呼び出すことができることを検証した.また,同一の学習支援ツールでありながら,呼び出し元のLMSコース毎や設置場所毎に別の学習内容を呼び出すことができる検証および学習支援ツールでの学習結果としてのスコア値をLISBasic Outcomes Servic e経由等でLMSに送信することができることの検証を行った.Basic LTIは,eラーニングにおける学習支援ツールの相互運用性を保証する標準規格として広まりつつあるが,その潜在的な可能性を活かした実装例が現 状ではまだ少ない.今後の研究では,開発した学習支援ツールを実際の情報基礎科目の受講生に提供し,学習支援ツールが学習に問題なく利用できるか等の評価を行いたい.また,通例では単一のLMS内の範囲でしか行うことのできない相互評価や協調学習の活動を,Basic LT Iを使うことにより複数のLMS間でも可能にする実装も検討したい
  • 青木太郎(2012)「患者急変対応力養成プログラムを受講する初学者に足場作りをするためのeラーニング教材の開発-看護師のACLSコース受講を背景に-」『熊本大学大学院 社会文化科学研究科 教授システム学専攻 2011年度提出修士論文』
      詳細はありません。
  • 石井嘉明(2012)「eラーニングにおける柔軟な協調学習環境の開発」『熊本大学大学院 社会文化科学研究科 教授システム学専攻 2011年度提出修士論文』
      詳細はありません。
  • リンク 野田啓子(2012)「大学事務職員を対象とした学習支援職務ミニマム・スタンダードおよびeラーニングプログラムの開発」『熊本大学大学院 社会文化科学研究科 教授システム学専攻 2011年度提出修士論文』
      詳細はありません。
  • 松橋秀親(2012)「障害学生の教育設計における適切な支援サポート業務の研究」『熊本大学大学院 社会文化科学研究科 教授システム学専攻 2011年度提出修士論文』
      詳細はありません。
  • Alumeci Adibulileka Korobiau (2012) Incorporating e-Learning on Induction Training of Government Employees in Fiji. Graduate school of social and cultural sciences instructional systems, Kumamoto University, Master’s Thesis in 2011
      詳細はありません。
  • Evan Qelo Naqiolevu (2012) Ensuring distance learners have learned: Enhancing the Success@USP orientation programme learning package for first year students at the University of the South Pacific. Graduate school of social and cultural sciences instructional systems, Kumamoto University, Master’s Thesis in 2011
      詳細はありません。


おすすめ情報

教授システム学専攻の公開科目でIDの基礎を学習できます。おすすめ科目は以下です。
・基盤的教育論
・eラーニング概論

謝辞

本サイトは、JSPS科研費「教育設計基礎力養成環境の構築とデザイン原則の導出に関する統合的研究(23300305)」の助成を受け、研究開発を行いました。

70-532   EX300   70-413   PEGACPBA71V1   CISSP   210-060   210-065  , 1Z0-803   70-463   EX300   JN0-360   300-208   70-486   200-120  , 300-075   70-412   200-125  , MB6-703   102-400  , 200-125  , ITILFND   300-115   VCP550   AWS-SYSOPS   70-410   70-980   000-089   300-115   9L0-012  , M70-101   NS0-157   VCP550  , 640-911   MB5-705  , 1V0-601  , 1z0-808   1Z0-060   350-080   N10-006  , 000-106   1Z0-144  , 200-125  , C_TFIN52_66   VCP550   350-030   MB5-705   70-487   70-413  , C_TFIN52_66   SSCP   70-347   MB6-703  , 352-001   101-400   000-080   70-246   642-999   200-355   MB2-707   70-980   PR000041   CCA-500   1Z0-804   NS0-157   70-270   300-075  , EX200   ICBB   70-463   OG0-093   220-802   300-208   100-105  , 350-080   1z0-434   1Z0-144   350-018   70-487  , 2V0-621  , MB2-704   70-270   HP0-S42   100-105  , 500-260   200-125  ,