トップID関連文献等文献論文(修士論文)

ID関連文献等 一覧

このページは、IDに関する文献などを見るものです。必要な文献を見つけるにはカテゴリを選択するか、検索してください。



2016年度 / 2015年度 / 2014年度 / 2013年度 / 2012年度 / 2011年度 / 2010年度 / 2009年度 / 2008年度 / 2007年度 / 2006年度 / 2005年度 / 2004年度 / 2003年度 / 2001年度 / すべての年度


論文(修士論文) [2013年度] に属する文献一覧 (8件)

  • リンク 渡邊浩之(2013)「学生チューターの質の保証をおこなうためのガイドラインの作成と評価」『熊本大学大学院 社会文化科学研究科 教授システム学専攻 2012年度提出修士論文』▼
     現在日本では、学生の成長を促すための指導の一環として、授業以外での学習支援を行う大学 が増えてきている。 その主な要因としては、高等教育のユニバーサル化により、基礎的な学力が 不足している学生が入学してきたことやアウトプット重視の教育への転換があげられる。そして、 この学習支援を行う人材として重要な役割を担っているのが、大学院生や学部の上級生が担当する 学生チューターである。その役割は、新入生や学習につまずいた学生が自立した学習ができるよう に支援することにある。    北米には、 チューターの質を保証するために、CRLA( College Reading & Learning  Association) による各大学のトレーニングが一定の要件を満たしていることを証明する制度があ る。しかし、日本においては、このような質を保証するような事例はほとんど見られない。そこ で、本研究では先行研究としてピアサポートガイドラインの作成、 eメンタリングガイドライン の作成および 北米の大学のガイドライン等を調査し、学生チューターの質の保証に寄与できる可 能性がある新たなガイドラインを作成することにした。なお、作成にあたっては、日米26大学、 機関のチューターハンドブック、ガイドライン、マニュアル等からチュータリングに必要な要素を 抽出し、統合して作成した。  なお、作成後、2段階にわたる形成的評価により改訂している。形成的評価は、対面のインタ ビュー形式で、第1段階はスタッフ側3人、第2段階は現役の学生チューター2人にお願いした。   まず、第1段階のスタッフ側の構成は、学習支援を担当している教員2人、職員1人である。 良い評価を得た点は、レイアウトやボリュームは適当であること、自己評価シートはチューターの 行動を習慣化するのに必要ということであった。また、問題点の対応策として、自己評価シートの 項目を増やすこと、回答欄をチェックしやすくすること等の改訂を行った。   次に第2段階は 、現役の学生チューターに改訂ガイドラインを渡し、インタビューを行っ た。学生チューターの2人は共に学部の4年生である。良い評価を得た点は、要素が多いこ と、評価シートを利用することで改善点が認識できるということであった。問題点の対応 策としては、1ページあたりの文字数を少なめにすること、グループチュータリングの内容 を簡略化すること、評価シートの選択肢を増やし、コメント欄を追加すること等の改訂を 行い完成した。  最後に、ガイドラインが、チューターの質の保証に繋がるものであったかどうかの考察を行 い、今後の課題を考えてみた
  • リンク リンク 山田紀昭(2013)「研修と実践のタイムラグを考慮したジョブエイド組み込み型研修~医療機器スキルアップコース「人工呼吸器コース」の設計・開発~」『熊本大学大学院 社会文化科学研究科 教授システム学専攻 2012年度提出修士論文』
      詳細はありません。
  • リンク 清水將統(2013)「看護実践の自律したリフレクションを支援するeポートフォリオ・プロトタイプの開発」『熊本大学大学院 社会文化科学研究科 教授システム学専攻 2012年度提出修士論文』
      詳細はありません。
  • リンク リンク リンク 嶋田謙一(2013)「ゴールベースシナリオ(GBS)理論の適応度チェックリストを活用したシナリオ型教材作成支援手法の提案」『熊本大学大学院 社会文化科学研究科 教授システム学専攻 2012年度提出修士論文』▼
     eラーニングなどの自己学習教材の学習効果を高めるためには、学習者主体で、かつ能動的な学習を促す教材設計が必要である。これらを実現するために有効な材としてシナリオ型教材があるが、シナリオ型教材の作成は難しいため、容易に作成できる手法が求められている。 本研究では、先行研究「ゴールベースシナリオ(GBS)理論の適応度チェックリストの開発」(根本・鈴木2005日本教育工学会論文誌29(3), 309-318, 2005)で開発されたチェックリストを非シナリオ型教材に適用し、非シナリオ型教材をシナリオ型教材に変換する際に必要になる情報や問題点を明らかにすることにより、シナリオ型教材の作成を容易にする手法を提案する。第1章では、上記に記載の、本研究の背景、目的、目標、および本研究の進め方について述べた。第2章では、先行研究においてGBS適合度チェックリストをすべて満たすとされるシナリオ型教材(Y教材)の構造を分析し、シナリオ操作の仕組みを明らかにした。第3章では、Y教材のシナリオ操作の仕組みを利用して、非シナリオ型教材の要素をシナリオ型教材に変換するためのひな型を作成した。また、そのひな型を用いてシナリオ型教材を作成し、評価を行った。第4章では、第3 章でシナリオ型教材を作成した手順を手順書としてまとめ、その手順書に基づいてシナリオ型教材を作成し、手順書の改善を行った。また、改善した手順書を第 三者に渡し、第三者にシナリオ型教材を作成してもらい、その結果を評価した。最終章では、本研究の成果 であるひな型と手順書の作成に対する考察と今後の課題について述べた。
  • リンク リンク リンク 岡崎大輔(2013)「GBS理論を用いた手術室看護師が独学できる災害対策教材の開発」『熊本大学大学院 社会文化科学研究科 教授システム学専攻 2012年度提出修士論文』▼
     本研究では、手術室における災害時の対策を独学で学習できる教材の開発を行う。提案手法としては、災害時に手術室で実際に起こりうる地震災害のシナリオを想定した上で、GBS理論を用いて教材を作成することである。提案手法を実際の手術室看護師に対し実施したところ、手術室での災害対策教材としての適用可能性が示唆された。
  • リンク リンク 宮内明美(2013)「インストラクショナルデザインに基づいた企業内IT研修教材の設計と開発」『熊本大学大学院 社会文化科学研究科 教授システム学専攻 2012年度提出修士論文』
      詳細はありません。
  • リンク 宮原秀明(2013)「大学事務職員の相互研修活動へと導く研修ガイダンスシステムの提案」『熊本大学大学院 社会文化科学研究科 教授システム学専攻 2012年度提出修士論文』▼
     大学事務職員同士が教授し合う研修活動を通じて組織を活性化することを支援する,オープンソースシステムを利用したオンライン研修システムを構築することをこの研究の目的として,コンピュータを利用した協調型の研修活動を設計し実験を行った. また,試用システムはMoodle,OpenMeetings2.0,OpenOffice.org などいずれもオープンソースシステムを利用してオンライン研修システムとして構築した.予備実験で身近な職員から意見を貰い,1対1評価での形成的評価を行った.そして,システムの改善を行った. その結果として,(1)オープンソースシステムを積極的に活用した研修システムのサンプルが構築できた.(2)想定どおり, ガニエの9教授事象は発表スライド作成時に有効活用できるというアンケート結果を得た.(3)オープンソースシステムの ビデオ会議システムとして代表的なOpenMeetings2.0 とBigBlueButton 0.80の比較によりそれぞれの特性と利用価値が確認できた. 本研究で構築したシステムは,オープンソースシステムを利用した試作システムであり,Moodleを利用して作成した.トップページにはビデオ会議システムOpenMeetings2.0を用いてeラーニング研修の受講入口画面を用意した.同様にトップページ上に用意した講師となる事務職員用の入口を進めば,講師役が研修スライドを作成するためのツール,OpenOffice.org形式のスライド作成ガイド(ガニエの9教授事象を基にしたもの)がダウンロードできる.講師はスライドができればオンライン中継での同期型か録画での非同期型でOpenMeetings2.0を利用して発表する.ビデオ会議システムの選定では,BigBlueButton 0.80OpenMeetings2.0 という2つのオープンソースシステムを比較した.双方ともにMoodleにプラグインでき,双方ともに同期型 ビデオ会議システムの機能として十分なものを実装していることが分かった.その上で,最終的に本研究ではOpenMeetings2.0を選定した.その選定理由は,録画と再生機能においてOpenMeetings2.0が勝っていたからである. 本研究では,試作システムの試用と評価を行った.まず予備実験として5名の身近な職員から評価を貰った。その結果,研修全体像が把握しにくい点,ビデオ会 システムの必要性が不明確である点,個人学習と研修活動のいずれに主眼を置いているのかわからない,などの指摘を得た.この予備実験での評価をもとに,研修受講者向けの画面を作り込み,トップ画面を整えた.また,OpenMeetings2.0を利用した同期および非同期型の研修が可能であるシステムであることがよくわかるシステム内容に改変した.その上で,次に1対1評価を行った.大学事務局入職4年目の職員を対象に行った1対1評価では,ガニエの9教授事象を基にしたスライド作成ガイドなど好評を得たが,多くの改善点も見つかり,インタビューで得た評価および試用中の観察によって気付いた点などを中心に改善を行った.この改善結果の確認を経てさらに修正を加えたものを,今度は大学事務局入職2年目の職員の協力をあおぎ,再度 1対1評価を行い,改善を加えた. 本研究は,1対1評価を2度行い,その度改善を加えてきた.今後の課題としては,小集団評価で実際の研修活動として試用し,システムの実運用に向け取り組むこ とが挙げられる.
  • 石井恵利佳(2013)「GBS理論を活用したクレーム対応能力向上のための看護師育成e-learning教材の開発」『熊本大学大学院 社会文化科学研究科 教授システム学専攻 2012年度提出修士論文』
      詳細はありません。


おすすめ情報

教授システム学専攻の公開科目でIDの基礎を学習できます。おすすめ科目は以下です。
・基盤的教育論
・eラーニング概論

謝辞

本サイトは、JSPS科研費「教育設計基礎力養成環境の構築とデザイン原則の導出に関する統合的研究(23300305)」の助成を受け、研究開発を行いました。

70-532   EX300   70-413   PEGACPBA71V1   CISSP   210-060   210-065  , 1Z0-803   70-463   EX300   JN0-360   300-208   70-486   200-120  , 300-075   70-412   200-125  , MB6-703   102-400  , 200-125  , ITILFND   300-115   VCP550   AWS-SYSOPS   70-410   70-980   000-089   300-115   9L0-012  , M70-101   NS0-157   VCP550  , 640-911   MB5-705  , 1V0-601  , 1z0-808   1Z0-060   350-080   N10-006  , 000-106   1Z0-144  , 200-125  , C_TFIN52_66   VCP550   350-030   MB5-705   70-487   70-413  , C_TFIN52_66   SSCP   70-347   MB6-703  , 352-001   101-400   000-080   70-246   642-999   200-355   MB2-707   70-980   PR000041   CCA-500   1Z0-804   NS0-157   70-270   300-075  , EX200   ICBB   70-463   OG0-093   220-802   300-208   100-105  , 350-080   1z0-434   1Z0-144   350-018   70-487  , 2V0-621  , MB2-704   70-270   HP0-S42   100-105  , 500-260   200-125  ,